完全防犯マニュアル―家族と財産を守る |中西 崇

ご自身の財産や、家族を守るためのアイデアが
しっかりと書かれています。

完全防犯マニュアル―家族と財産を守る完全防犯マニュアル―家族と財産を守る
中西 崇
平凡社 刊
発売日 2002-10



安全にはコストと手間がかかる 2003-05-22
犯罪の被害を防ぐには、個人でも家庭でも意識を変える必要がありそうだ。
防犯には金がかかるから、手間がかかるからと、つい手抜きをしてしまう
が、結局これが危険をまねいてしまう。
この本は、防犯上の細部にまで簡潔にまとめてあるので、意識を変えるのには
良い参考書だと思う。家の防犯を中心にまとめてあるが、個人や家族が遭遇する身の回りの犯罪への
対処も充実していると思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by moris | 防犯の書籍


クレジットカードこれだけ知れば怖くない 爆発する「カード&ネット」のしくみと防犯術 |岩田 昭男

クレジットカードこれだけ知れば怖くない 爆発する「カード&ネット」のしくみと防犯術クレジットカードこれだけ知れば怖くない 爆発する「カード&ネット」のしくみと防犯術
岩田 昭男
実業之日本社 刊
発売日 2005-10-09



楽天の弱点を見事についた本!! 2005-10-31
 この本は、カード犯罪から身を守るノウハウが詰まっていると実感しました。楽天の個人情報漏洩事件に関しても、予言的な見解には、「うーん」とうならされます。さらに、ライブドアとの比較、楽天の隠れた弱点にふれるなど、ジャーナスティクな内容も満載でおもしろいです。また、スキミングにたいしても、犯罪者の買いまわりを防止するシステム「ファルコン」が、本邦初で紹介されており、非常に興味深いものがありました。
 「事実は小説より奇なり」とは言いますが、カード犯罪の裏側に隠された真実は、映画や小説の世界を越す世界観で、読んでいると胸がドキドキしてしまいました。
 カード犯罪の想像を絶する世界に驚きながら、正しい自衛策が身に着けられる。今の時代に合った本だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by moris | 防犯の書籍


日経アーキテクチュアdoor 狙われない防犯住宅 |日経アーキテクチュア

日経アーキテクチュアdoor 狙われない防犯住宅日経アーキテクチュアdoor 狙われない防犯住宅
日経アーキテクチュア
日経BP出版センター 刊
発売日 2005-03-02



防犯について基本の勉強に最適 2005-03-23
家を建てるならやっぱり防犯にも気を使わないといけない時代(悲しいですけど)。防犯の基本的事項が書かれていてこれから家を建てる人には非常に参考になります。家作りという夢を追う過程で、防犯という現実にはなかなか目が向きませんから。
最低限知っている防犯知識の習得に役立ちます。でも個人的には、基本的な防犯設備はハウスメーカーなり、工務店なり、建築家なりがリクエストなしに標準で考えてほしいものです。


さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by moris | 防犯の書籍


都市の防犯―工学・心理学からのアプローチ |小出 治

都市の防犯―工学・心理学からのアプローチ都市の防犯―工学・心理学からのアプローチ
小出 治
北大路書房 刊
発売日 2003-09



犯罪への考え方のパラダイムシフト 2005-04-02
自転車を盗まれて警察に行ったときに警察官に言われた。「鍵をかけなかったのですか?それは貴方が犯罪者を生んだことに貢献したのですよ」と。なるほど、犯罪をしやすい環境を提供した事によって犯罪が起きたのかと納得してしまったことがある。
 この本は犯罪という問題を物理的・社会的環境の側面から防犯しようという考え方を大まかに教えてくれる良本である。とくに工学の立場からではなく、心理学の立場からアプローチしていることには心理学専攻の人には是非読んでみていただきたい。従来、心理学から犯罪という問題を考えるとき、その視点は類型論や精神分析論などからの犯罪者の内面に目を向けてきた。しかし、その視点は多くの研究にも関わらず、犯罪の防止・抑止に貢献してきたとはいえない。もしこのような視点からの防犯・抑止が成り立ったとしたら、それは犯罪を起こす前に「起こすと思われる危険人物」を科学的根拠に基づかずに推定し拘束するというやりかたになるかもしれない。しかし、ここで「犯罪が起こりにくい・起こしにくい環境」によって犯罪を防犯・抑止しようという考え方にシフトすることによって効果がある活動が促進される可能性は大いにある。心理学は「環境と自己の相互作用」を重視しているのであり、犯罪という問題を環境的側面からアプローチすることによって今以上に貢献できるようになるだろう。この本はこのような従来の個人の内面に過剰に目をむけることに疑問を感じる人にとって良い刺激を与えてくれるだろう。
 ともあれ、アメリカのような犯罪処罰型の思考ではなく、犯罪防止型の思考をする日本人にとって、犯罪を「予防」する考え方を与えてくれるこの本は必読の一品である。
 ★が一つ足りないのは、もう少しボリュームがあれば、研究例における量的データを公開してくれれば、という個人的な欲からのものであって、内容自体に問題があるわけではない。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by moris | 防犯の書籍


パソコンでつくる監視&防犯カメラシステム |永島 智二 /小川 晃夫

パソコンでつくる監視&防犯カメラシステムパソコンでつくる監視&防犯カメラシステム
永島 智二 /小川 晃夫
九天社 刊
発売日 2003-03



参考になりました 2004-10-13
この分野の入門書は皆無なので大変よかったです。
業務で使う目的でなければ、本書でOKで、あくまで
フリーソフトで構築できるところがポイントでしょう。
安価に、自作PCでペット監視を考えている方には
お勧めです♪


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by moris | 防犯の書籍
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。