津波防災を考える 「稲むらの火」が語るもの |伊藤 和明

地震のあとに怖いのは、津波ですね。
津波の知識が身につきますよ

津波防災を考える 「稲むらの火」が語るもの津波防災を考える 「稲むらの火」が語るもの
伊藤 和明
岩波書店 刊
発売日 2005-07-06



津波防災の身近な教材 2005-10-15
本書の著者伊藤和明は、東京大学理学部地学科を卒業、NHKに入社した。科学番組、自然番組のプロデューサーをつとめた。NHK解説委員、文教大学教授をつとめ、現在は、防災情報機構の会長の職にある。『大地震・あなたは大丈夫か』(1990年、日本放送協会出版・新コンパクト・シリーズ)、『地震と噴火の日本史 』(2002年、岩波新書)等多数の著書がある。本書は、副題にあるように、戦時中から戦後にかけて小学校の国語教科書(国定教科書)に掲載された「稲むらの火」について、その内容と背景を語ったものである。
 2004年12月26日、スマトラ沖で発生したM9.0の巨大地震による大規模な津波は、インド洋沿岸各国に被害をもたらした。その犠牲者は30万人。そんな中、話題となったのが、本書のテーマである「稲むらの火」という物語である。インドネシアのジャカルタで、この津波に関する緊急首脳会議が開かれた。その昼食会の席上、シンガポールのリー・シェロン首相から、小泉総理に「稲むらの火」について質問があったという。
「稲むらの火」のストーリーは、次のとおり。ある海辺の高台に住む庄屋の老人が、地震の後の海水が沖に向かって引いていくのを見た。”津波襲来”を予感して、自宅の田圃に積んであった稲むらに火を放った。その火を見て村人たちは「庄屋宅が火事」と思い、高台の庄屋の家へ駆けつけた。村は津波により流され、村人の命は助かる。「稲むらの火」の物語を書いたのは、和歌山県で小学校の教員をしていた中井常蔵。中井の作品は、文部省が行った国語教材の公募に応じ、入選したものだった。中井は、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の英文の小品A Living Godに触発され「稲むらの火」を創作した。A Living Godの物語にはモデルのごとき人物がいる。その人の名は、濱口儀兵衛。安政元年(1854年)に発生した安政南海地震の際、和歌山藩広村(和歌山県広川町)で、濱口儀兵衛は老人や子供を高台に避難させた。小泉八雲のA Living Godは、1896年(明治29年)に発生した明治三陸沖地震津波の後で書かれた。津波に関する新聞報道の際に紹介された濱口儀兵衛の行動が題材となり、A Living Godは生まれたらしい。以上からいえることは、「稲むらの火」そのものは、実話ではない。実話からヒントを得て作られた創作である。しかし、「稲むらの火」を教科書で取り上げ、それが防災教育上極めて有効であったことを否定することはできない。 本書の主要テーマは「稲むらの火」にあるが、著者は続けて津波発生のメカニズムや津波から身を守る方法を本書の中で語っている。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by moris | 防災


震災マニュアル

地震の備え、役立つ防災・避難用品、対処法等を紹介。
新潟中越地震の復旧の実態もレポート。
いざというときに役立つ災害マニュアル本。

震災マニュアル震災マニュアル

フォーバイフォーマガジン社 刊
発売日 2005-02-01




さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by moris | 防災


彼女を守る51の方法―都会で地震が起こった日 |渡辺 実 /彼女を守るプロジェクト

彼女を守る51の方法―都会で地震が起こった日彼女を守る51の方法―都会で地震が起こった日
渡辺 実 /彼女を守るプロジェクト
マイクロマガジン社 刊
発売日 2005-04



】「大切なあなたの恋人を救うための」という切り口がポイント 2005-11-05
【概要】
12:03 M(マグニチュード)7.3 直下地震発生。「ぼく」と「彼女」(モデル:石井めぐる)は休日の昼に、繁華街で都市直下型地震に襲われる。
こんな想定シチュエーションで、地震発生直後〜避難〜避難所生活という時間を追って、防災ノウハウを紹介する。実際の震災被害の写真・彼女(石井めぐる)の写真の両方を含め、多くの写真が用いられ、読むというよりも見るという体裁の本になっている。
終章では、被害の軽減・予防のためのノウハウについても触れられている。【コメント】
真面目な防災ノウハウを「大切なあなたの恋人を救うための」という切り口で取り上げたことが本書の最大のポイントだろう。私が購入した動機は確かフリーマガジン『R25』で紹介されていたからだが、若年層への訴求に成功しているように思われる。大袈裟な言い方だが、このことによってこの本が果たした社会的意義も大きいと思う。これだけの基本知識が習得できるのであれば、モデルの石井めぐるに目が行って買うという動機も「アリ」だと思わせるほど、きちんとした一冊だ。
唯一惜しく思われるのは「51の方法」に付番がされておらず、まとまりに欠けて読みづらくなっている点だ。
カップル・夫婦で一冊買ってみていい本だと思う。

男が試される 2005-08-24
普段は「君のことを守る」って言っても実際に震災にあったときのことを想像すると、対処できるのか心配になりました。
想像してみてください。
○彼女が怪我をした
○彼女が泣きじゃくった
○散々、歩きまわって「もう、あるけない」と言い出した。
○着替えや、トイレに行く彼女を守ったり…震災に対する対処はもちろんですが、
どちらかといえば、精神面でのアフターケアとして
知っておくべきことが書かれている気がします。

防災の日に向けた必読書 2005-08-21
「彼女と繁華街に外出している時地震に遭遇したらどうすればよいのか」という想定で、地震対策を説明していくロールプレイ型解説書。とかく地震対策などというと、冗長な説明になりがちなところだが、ロールプレイ型にして読者が興味を失わないようにしつつ、平易に読めるようになっている。内容自体も、例えば「柱に深いX字の亀裂が入ると、その建物は倒壊の危険がある」とか、「女性のナイロンストッキングは、炎が迫ったとき熱で溶けて肌にくっつき、重度のやけどの原因になるので脱ぐ」といったものや、携帯電話や携帯ラジオの賢い使い方など実践的な知恵が数多く紹介されていて非常に参考になる。
また、地震でライフラインを失った時の避難所生活についても、阪神淡路大震災、新潟中越地震などでの実態を踏まえて、少しでも快適に暮らす工夫が紹介されており、こちらも貴重な情報だと感じた。「大事なことだけれど、正直とっつきにくい」地震対策というテーマに手をつけるには格好の本と言えると思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by moris | 防災


消防設備士試験1類 重要事項と模擬問題

消防設備士試験1類 重要事項と模擬問題消防設備士試験1類 重要事項と模擬問題

電気書院 刊
発売日 2001-07



問題数が豊富。しかも、よく判る解説付。 2005-08-05
1類の参考書(問題集)は4類や6類などに比べ、あまり出版部数が多くなく、せいぜい総頁が140頁足らずのものだったり、他の類と合わさって編集されているため、問題数も少なく、紙面の都合上、仕方がないのかもしれませんが、解答・解説もイマイチ理解できないものがありました。 本書は、第3章の構造・機能・工事の単章だけでも、70数題と数多くあり、しかも1問1問、きめ細かな解説付きで大変理解しやすいのが特徴と思います。 1類は、机上の学習だけでは合格は困難な試験と聞いております。 でも、本書は他書に見られないほど解説が豊富です。 ただ、今まで1類を3回も不合格した者にとって、実技が合否の決め手と思います。 欲を言わせていただければ、実技の問題数がもう少し多ければと思います。 さーて、4回目をチャレンジします。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by moris | 防災


人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人- |山村 武彦

人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人-人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人-
山村 武彦
宝島社 刊
発売日 2005-03-02



危機管理としては通り一遍か? 2005-11-12
 危機管理の話としては一見良く出来ています。曰く、リーダーが状況を見て的確かつ決然と行動する、必要に応じ集団と違うことをする、異常に慣れない。と、危機において生き残るのに必要なことを、実例を挙げキッチリ語っています。 しかし、いちいち集団に反抗してたら発達障害ですし、異常に慣れなければ統合失調症でしょう。そしてリーダーにとって、時には他のグループと同調するのも大事な仕事な訳です。集団に調和的で、異常にだって慣れてしまうのが社会的な生き物である人間の性である以上、それをどう克服するかについて言及がないと話は進んで行きません。 阪神大震災等の現場に立った経験からのコメントは貴重ですが、この本は実際のところただのルポタージュで、本当に必要な処方箋は欠けています。もっとも、一般論として明示できるものがあるかどうかは疑わしい以上、敢えて避けているのかも知れませんが…

安全というもの・・・(;´Д`)ハァハァ  2005-11-09
(;´Д`)ハァハァ この本に書かれていることはある意味、真理に近い。人間は動物の持つ『本能』から遠ざかり・・・命というものに対する危機意識が薄すぎる・・・。
常に生命の危機を感じて生きなくてはならない動物と比べて
人間の生き方は 自然のあり方と反する・・・。
自分だけは死なないと思っていやがるんだ・・・。
違うよ。人間は死ぬ。例外はない。
だからこそ、危機的状況に対する ある程度の『覚悟』と
安全を確保する知恵が必要である・・・。
この本はそんな自己啓発を促す内容でありながら・・・具体的な
安全策まで論じていて・・・大変 タメになる。
これが人間のあり方である。
日本人には・・・日本の『安全神話』が崩れ去ったことを
理解して欲しい。
危険は常に貴方の近くにうごめいていることを!!

自己啓発好きにこそオススメ!他人事じゃないんだぜ! 2005-05-05
生来あまのじゃくで、おまけに保険代理店の経営者という立場、またまた最近レジリ(エンシー)【タフネスじゃないのよ!】
の研究に嵌っているゆえか、暑苦しい楽天主義で人を洗脳する自己啓発本には全く満足できない。
いつ起るかわからない災害、しかし人事ではない災難への心の準備をする為にも必読。
一番まずいのは災難に見舞われて、それを信じられない、状況を見ようとしない心理的バイアスだ、という箇所には思わず膝を打った!
自己啓発好きは勿論、マーケティング本好きにも大いにオススメ。考え方の幅が一回り大きくなりまっせ。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by moris | 防災


6類消防設備士 完全対策

6類消防設備士 完全対策6類消防設備士 完全対策

オーム社 刊
発売日 1999-05



一冊に絞るならベストの問題集 2005-05-27
この問題集を一ヶ月間繰り返しやったら、合格できました。択一も筆記もこの一冊をやりこめば、大丈夫です。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by moris | 防災


会社を守る「防災マニュアル」のつくり方―防災リスクマネジメントのすすめ |山根 義信 /布施 哲子 /小坂 雄二

企業における防災対応のマニュアルなら、この本で決まりです。


会社を守る「防災マニュアル」のつくり方―防災リスクマネジメントのすすめ会社を守る「防災マニュアル」のつくり方―防災リスクマネジメントのすすめ
山根 義信 /布施 哲子 /小坂 雄二
マネジメント社 刊
発売日 2005-04



とても分かりやすい 2005-04-21
防災を企業の視点でとらえ、これ1冊で防災に関する知識、地震や風水害などの知識が得られるだけでなく、防災マニュアルの雛形まで用意されている。また、中小企業診断士として有名な著者らしく、企業経営者の視点に立ち、防災対策にはお金がかかるという常識も打破してくれる内容だと思うので、中小企業などでの利用価値があると思う、


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by moris | 防災


あなたの命を守る大地震東京危険度マップ |中林 一樹

あなたの命を守る大地震東京危険度マップあなたの命を守る大地震東京危険度マップ
中林 一樹
朝日出版社 刊
発売日 2005-05



地震への関心がリアルに高まる 2005-08-24
私たちは、自分たちの住んでいる場所に対して、駅から近いことや店が多いことなどが住みやすい所だと思っていたりする。しかしこの本では従来の地図の目的からは見えてこないものが浮かび上がってくる。駅から近い場所はゴチャゴチャとしていて道幅も狭く、消防車が入りづらい・避難場所まで逃げにくいこともある。逆に駅から遠くて不便な場所は、大きな広場も残っていたり、道幅もゆったりしていたりして安全なこともある。この地図を見てから、自分が出かける際、目的地ごとに必要な危険への心構えをするクセがつきました。

土地勘がない移住者にもわかりやすい 2005-08-19
役所などで配付しているハザードマップは、基本的にその地域の住民のみを対象にしているのか、細かい地名や具体的な建物名などの情報が少なく、土地勘のない人間には非常にわかりにくい。ところが、この本はその場所の有名な建物や名所など、目印になるものが多く入っていて、とても見やすかった。
東京23区内への引っ越しを考えていたが、この本を見て、自分の考えていた場所が非常に危険度が高いことを知り、考え直すきっかけになった。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by moris | 防災


4類消防設備士 製図試験の完全対策

4類消防設備士 製図試験の完全対策4類消防設備士 製図試験の完全対策

オーム社 刊
発売日 1999-06



製図問題はこれで・・・ 2005-10-29
試験対策としても、日常の消防設備設計業務でも役に立つ本です。一冊買っておいて損はありません。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by moris | 防災


地震から子どもを守る50の方法 |国崎 信江

地震から子どもを守る50の方法地震から子どもを守る50の方法
国崎 信江
ブロンズ新社 刊
発売日 2005-09-20



主婦必携最強サバイバルマニュアル 2005-10-23
「地震が来ることは、知っているわ。
 でも、具体的に何をどんなふうに
 準備したらよいのかよくわからない。
 お金もあまりかけたくないし。
 安全なのはわかるけど、30万円もする
 シェルターは買えないわよ。」このあたりが主婦の本音ではないでしょうか。しかし、本書は母親である著者が試行錯誤で
たどりついたあまり無理のかからない方法でできる
防災準備の本だと思います。防災グッズの説明をしたら、そのグッズの連絡先も
掲載されているので、より行動もおこしやすいですね。わたしもこの本を読んで、早速防災準備に
とりかかろうと思いました。なるべくたくさんの方に読んでいただいて
防災準備をしていただければ、と思います。災害が起きてからでは遅いです。
そのひと手間であなたの家族や地域の人たちが
救われるかもしれません。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by moris | 防災


安全と安心の科学 |村上 陽一郎

安全と安心の科学安全と安心の科学
村上 陽一郎
集英社 刊
発売日 2005-01



安全と安心を原点から科学した本 2005-02-26
 現在、産業安全行政の一端に携わっているが、この行政においても「安全で安心できる」がキーワードになっている。
 しかし、「安全」や「安心」自体の意味を明確に理解しているかと言うと、なかなか難しいものである。
 そんな時、自ら関わっている「安全」や「安心」を別の角度から見ることができる本である。
 この本は、(産業安全だけでなく)広い意味の安全を対象にして、何が現代社会の安全を脅かし、安心を損なっているのか、という全ての人に影響する本である。
 「安全」とは何か。「安全」と「安心」の違いは何かなど分かりやすいヒントが多く得られる。
 「危険」と「リスク」の違いも分かりやすく理解できた。
 安全にするための対策である「フール・プルーフ」と「フェイル・セーフ」なども分かりやすい説明が書かれている。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by moris | 防災


アウトドア流防災ブック―地震・災害 ノウハウと道具が家族を守る |小浜 啓次

アウトドア流防災ブック―地震・災害 ノウハウと道具が家族を守るアウトドア流防災ブック―地震・災害 ノウハウと道具が家族を守る
小浜 啓次
小学館 刊
発売日 2004-09



逆転の発想。 2005-09-27
「地震や水害で被災したときにどうすればいいんだろう?」
ふと思ったときに出逢ったのがこの本だった。
アウトドアの技術があればもしも外部からの救援が遅れても家族や隣人を守れるというもの。
煮炊きや救急処置、移動方法まで載せてある。新書サイズでコンパクト。
単純に新しく防災グッズを購入して安心・・・というよりは、日ごろからアウトドアグッズなどを活用して、生きる力を身につける事の方が大切かもしれない。
そんな発想の逆転が新鮮だった。

物品購入ガイドとして 2005-09-24
 
 以前ビーパル誌上で特集したものとほとんど変わりないものです。実際に災害に遭ったときの対処法は少ないです。何を揃えようかと言う人にとっては、購入ガイドになるでしょう。

写真つきでわかりやすい 2005-09-03
アウトドアグッズを防災に生かす方法が説明されいて、写真つきでわかりやすかった。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by moris | 防災


大震災これなら生き残れる―家族と自分を守る防災マニュアル |山村 武彦

大震災これなら生き残れる―家族と自分を守る防災マニュアル大震災これなら生き残れる―家族と自分を守る防災マニュアル
山村 武彦
朝日新聞社 刊
発売日 2005-02



“備えあれば憂えなし” 2005-04-07
 天災、それもかなり甚大な被害を引き起こす天災が目立つ今日この頃。
 日本人とは切っても切り離すことができない地震。この地震に対してどのような“備え”が必要なのか… 2004年10月、新潟中越地震の影に隠れる形になってしまいましたが、台風の影響で堤防が決壊し、街の90%が水に浸かった場所がありました。
 実はその街に私の母親の実家がありました。そして、そこは床上150?の浸水。しかも、運が悪いことに台風が通り過ぎる時に家主は旅行中でした。
 そのため、1階にある物を2階へ避難させるようなことが全くできていませんでした。そう、何も備えがない状態で床上150?浸水してしまったのです…
 その被害たるや悲惨も悲惨でした。1階に置いてあったほとんどの物がダメになってしまったのです。高そうな物も思い出が詰まった物も…
 もし、備えをしておけば、こういった被害はある程度抑えられたはずです。
 しかも、何も備えをしなかったため、うちは片付けを終えるのが近所の中でかなり遅い方でした。
 私はこの一件で“備え”の大切さを痛感しました。 地震対策に関する本は多々ありますが、本書のように、新潟中越地震やスマトラ島沖地震等、最新の情報が書かれている本はまだ少ないと思います。
 また、データばかりではなく、実体験に基づいたアドバイスはかなり重みがあるように感じました。
 さらに、各章末にその章で1番重要なことが見やすく示されているので、とても読みやすいレイアウトです。 2004年10月、台風の影響で堤防が決壊し、街の90%が水に浸かった場所では、地元の人が「その年既にいくつか台風は通過したが、何もなかったため、“備え”をする人が少なく被害が拡大した」と言ってました。
 実際にその時が来ないと実感がわかず、“備え”をするために動こうとしても腰が重いという方も多いと思います。
 しかし、“備え”はしてもしてもし過ぎるということがありませんが、“備え”をしなければいざその時が来た時に後悔してもしきれません。 まさに“備えあれば憂えなし”だと思います。 ソレデハ…


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by moris | 防災
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。